古語:

つらしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つら・し 【辛し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


薄情だ。冷淡だ。つれない。


出典土佐日記 二・一六


「いとはつらく見ゆれど、志はせむとす」


[訳] (留守番の人は)とても薄情にみえるけれど、お礼の贈り物はしようと思う。


たえがたい。苦痛だ。つらい。


出典源氏物語 桐壺


「命長さのいとつらう思ひ給(たま)へ知らるるに」


[訳] 命を長らえていることが、とてもたえがたく思われますのにつけても。◇「つらう」はウ音便。









つらしのページへのリンク
「つらし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

つらしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




つらしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS