古語:

ときどきのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > ときどきのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ときどきの…

分類和歌


「時々の花は咲けども何すれそ母とふ花の咲き出(で)来(こ)ずけむ」


出典万葉集 四三二三・防人歌(さきもりうた)


[訳] その季節季節の花は咲くけれども、どうして母という花が咲き出てこなかったのだろう。


鑑賞

母が花であったらささげて行くのに、花ではないので、別れて一人で行くしかないという気持ちを歌っている。愛する者と別れねばならぬ若き防人の悲痛な叫びが聞こえてくる。防人歌にはこうした愛する者との別れを詠んだ歌が多い。









ときどきののページへのリンク
「ときどきの」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ときどきののお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




ときどきののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS