古語:

とこよいでての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > とこよいでての解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

とこよいでて…

分類和歌


「常世出でて旅の空なる雁(かり)がねも列(つら)におくれぬほどぞ慰む」


出典源氏物語 須磨


[訳] 故郷の常世(仙郷=仙人の住むところ)を出て、旅の空を飛ぶかりも、仲間と一緒にいる間は心が慰められているのです。


鑑賞

須磨(すま)に退去した光源氏が、かりの鳴き声を聞いて望郷の思いを歌にしたとき、供の者たちもそれに合わせて歌を詠んだ。そのうちの一首で、都から遠く離れていても、光源氏や仲間と一緒なら寂しくはないという意味。作者は前右近(さきのうこん)の尉(ぞう)。








とこよいでてのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

とこよいでてのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




とこよいでてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS