古語:

としての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

と-して

分類連語


〔下に多く打消の語を伴って〕(例外なく)…も。…だって。


出典今昔物語集 六・三


「一人として信ずる者なし」


[訳] 一人も信じる者はいない。


…という身分(資格)で。…として。


出典徒然草 二一四


「大臣として家に蓮(はちす)を植ゑて愛せし時の楽なり」


[訳] (想夫恋(そうふれん)は晋(しん)の王倹(おうけん)が)大臣という地位にあって、家に蓮を植えて愛玩(あいがん)した時の楽曲である。


なりたち

断定の助動詞「たり」の連用形「と」+接続助詞「して」









としてのページへのリンク
「として」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

としてのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




としてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS