古語:

としふればの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > としふればの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

としふれば…

分類和歌


「年経(ふ)れば齢(よはひ)は老いぬしかはあれど花をし見れば物思(ものも)ひもなし」


出典古今集 春上・藤原良房(ふぢはらのよしふさ)


[訳] 年月がたったので、私は年老いてしまった。そうではあるが、このみごとな桜の花を見ていると、悩みも消えて何の心配事もない。


鑑賞

詞書(ことばがき)に「染殿(そめどの)の后(きさき)(=文徳(もんとく)天皇の中宮である娘の明子(あきらけいこ))のお前に花瓶(はながめ)に桜の花を挿させ給(たま)へるを見て詠める」とあるように、桜の花を娘明子にたとえ、老いを感じながらも、権力者となった自分や一門の栄華をおおらかにうたった歌である。良房は、藤原北家(ほつけ)の人で、臣下の身で最初の太政大臣となった。その子孫である道長にも「この世をばわが世とぞ思ふ望月(もちづき)のかけたることもなしと思へば」(『小右記』)〈この世の中を、自分のためにある世の中であると思う。今夜の満月の欠けているところもないように、自分も不満が全くないと思うと。〉の歌がある。









としふればのページへのリンク
「としふれば」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

としふればのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




としふればのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS