古語:

としたけての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > としたけての解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

としたけて…

分類和歌


「年たけてまた越ゆべしと思ひきや命なりけり佐夜(さや)の中山」


出典新古今集 羇旅・西行(さいぎやう)


[訳] 年老いてから再び越えることができると思っただろうか、いや思いはしなかった。命があったからなんだなあ、こうして佐夜の中山を越えることができたのは。


鑑賞

文治二年(一一八六)、西行六十九歳の時、東国へ向かう途次に詠んだ歌。西行にとって東国下向は、三十歳ごろに次いで二度目であった。それだけに感慨深いものがあったのであろう。「命なりけり」にその思いが強く出ている。「べし」は可能、「や」は反語。









としたけてのページへのリンク
「としたけて」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

としたけてのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




としたけてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS