古語:

いのちふたつのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > いのちふたつのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いのちふたつの…

分類俳句


「命二ツの中に生きたる桜かな」


出典野ざらし 芭蕉(ばせう)


[訳] あなたと私の命二つ、生き長らえてこうして再会することができた。その二人の間に、生き生きと咲きほこっている桜であることよ。


鑑賞

「水口(みなくち)にて二十年を経て故人に逢(あ)ふ」と前書きにある。芭蕉が故郷伊賀(いが)の旧知である服部土芳(はつとりどほう)に二十年ぶりに近江(おうみ)水口で再会した時のもの。西行の「年たけてまた越ゆべしと思ひきや命なりけり佐夜(さや)の中山」(『新古今和歌集』)〈⇒としたけて…。〉という歌を踏まえている。季語は「桜」で、季は春。








いのちふたつののページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

いのちふたつののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




いのちふたつののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS