古語:

いはしろのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > いはしろのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いはしろの…

分類和歌


「磐代の浜松が枝(え)を引き結び真幸(まさき)くあらばまた帰り見む」


出典万葉集 一四一・有間皇子(ありまのみこ)


[訳] 磐代の浜に生えている松の枝を引き結び、運よく無事でいられたら、また帰って来て見よう。


鑑賞

「磐代」は今の和歌山県日高郡南部(みなべ)町岩代(いわしろ)。有間皇子が、謀反の罪で捕らえられて護送される途中で詠んだ歌。松の枝を結ぶのは、旅路や将来の平安無事を祈るまじないであるが、皇子は、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)の尋問を受けた帰途、藤白(ふじしろ)の坂(和歌山県海南市藤白)で処刑され、再びその松を見ることはなかった。








いはしろののページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

いはしろののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




いはしろののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS