古語:

いねつけばの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > いねつけばの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いねつけば…

分類和歌


「稲つけばかかる吾(あ)が手を今夜(こよひ)もか殿(との)の若子(わくご)が取りて嘆かむ」


出典万葉集 三四五九・東歌


[訳] 稲をつくためにひびやあかぎれで荒れた私の手を、今夜もまたお屋敷の若様が手に取って嘆くだろうか。


鑑賞

本来は農作業の折などにうたった作業歌という。しかし、労働で荒れた手を恥じながらも、若様との夜を期待する、農村の女性の素朴でしおらしい心情のうかがえる歌である。









いねつけばのページへのリンク
「いねつけば」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

いねつけばのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




いねつけばのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS