古語:

いははなやの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > いははなやの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いははなや…

分類俳句


「岩端やここにもひとり月の客」


出典笈日記 俳諧・去来(きよらい)


[訳] 今夜の名月を賞する人も多かろうが、月よ、この岩頭に、私というもう一人の風流人がいて、月を眺めていますよ。


鑑賞

この句は、有名な逸話とともに『去来抄』の先師評の部にも出ている。去来はこの句を「自身が明月に興じていると、岩頭にもう一人月見の風流人を見つけた」の意で作ったのであるが、師の芭蕉(ばしよう)は「作者自身の姿が自ら名乗り出たものと解釈すべきだ」としたという。「月の客」を、他称ではなく自称とすることによって、風流の趣が深まり、より味わいの深い句となった。季語は「月の客」で、季は秋。









いははなやのページへのリンク
「いははなや」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

いははなやのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




いははなやのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS