古語:

いはばしるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > いはばしるの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いはばしる…

分類和歌


「石走る垂水(たるみ)の上の早蕨(さわらび)の萌(も)え出(い)づる春になりにけるかも」


出典万葉集 一四一八・志貴皇子(しきのみこ)


[訳] 岩の上を激しく走る滝、その滝のほとりの早蕨が、芽を出す春になったなあ。


鑑賞

春を迎え、自然が生命感、躍動感にあふれていくようすを喜びをもってうたった歌。この歌の「石走る」を枕詞(まくらことば)と解する説もある。



いは-ばし・る 【石走る・岩走る】

自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


水がしぶきを上げながら岩の上を激しく流れる。


出典万葉集 一四一八


「いはばしる垂水(たるみ)の上の早蕨(さわらび)の」


[訳] ⇒いはばしる…。



いは-ばしる 【石走る・岩走る】

分類枕詞


動詞「いはばしる」の意から「滝」「垂水(たるみ)」「近江(淡海)(あふみ)」にかかる。「いはばしる近江の国」









いはばしるのページへのリンク
「いはばしる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

いはばしるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




いはばしるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS