古語:

ながからむの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > ながからむの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ながからむ…

分類和歌


出典百人一首 


「長からむ心も知らず黒髪の乱れて今朝(けさ)は物をこそ思へ」


出典千載集 恋三・待賢門院堀河(たいけんもんゐんのほりかは)


[訳] 末永く愛してくださるお心であるかどうか(そのお心も私にはわかりません)。黒髪が寝乱れているように、(お逢(あ)いして別れた)今朝は物思いにふけっております。


鑑賞

後朝(きぬぎぬ)の女性の気持ちを詠(よ)んだ歌。「乱れて」は黒髪の乱れと心の乱れとをかけている。








ながからむのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ながからむのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ながからむのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS