古語:

ながむとての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > ながむとての解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ながむとて…

分類俳句


「ながむとて花にもいたし頸(くび)の骨」


出典牛飼 俳諧・宗因(そういん)


[訳] 美しい桜に見とれて、ひたすら見上げていたら、ついに首の骨が痛くなってしまったことだ。


鑑賞

西行(さいぎよう)の「ながむとて花にもいたく馴(な)れぬればちるわかれこそかなしかりけれ」(『新古今和歌集』)〈しみじみとながめて、桜の花にもずいぶん慣れ親しんだものだから、散ってゆく別れは悲しいことだ。〉をふまえ、「いたく(=はなはだ)」を「痛く」ともじった句。季語は「花」で、季は春。








ながむとてのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ながむとてのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ながむとてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS