古語:

ながらの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ながら

接続助詞

《接続》動詞型活用の語の連用形、体言、副詞、形容詞・形容動詞の語幹などに付く。


〔状態の継続〕


(ア)

…のまま。…のままで。


出典更級日記 物語


「源氏の五十余巻、ひつに入りながら…得て帰る心地のうれしさぞいみじきや」


[訳] 『源氏物語』の五十余巻を、櫃(ひつ)に入ったままで、…もらって帰るときの気持ちのうれしさといったら、たいへんなものであるよ。


(イ)

そっくりそのまま。そのまま全部。


出典平家物語 三・足摺


「三人ながら島を出(い)でたりなんど聞こえば」


[訳] 三人がそっくりそのまま島を出たなどと都の方へ聞こえたならば。


〔二つの動作の並行〕…ながら。…つつ。


出典徒然草 六〇


「食ひながら文(ふみ)をも読みけり」


[訳] (親芋(おやいも)を)食べながら仏典の講読をした。


〔逆接〕…けれども。…のに。


出典伊勢物語 八四


「身はいやしながら、母なむ宮なりける」


[訳] (男の)身分は低いけれども、母君は皇女であった。


〔その本質・本性に基づくことを示す〕…そのままに。…としてまさに。


出典万葉集 八一三


「神ながら神さびいます」


[訳] 神そのままに神々しくいられる。


参考

接続助詞は活用する語に付くのが普通なので、名詞や形容詞・形容動詞の語幹に付く場合の「ながら」を副助詞または接尾語とする説もある。



長柄

分類地名


歌枕(うたまくら)。今の大阪市大淀(おおよど)区。新淀川(中津川)と淀川との分岐点に位置する。長柄の橋で有名。









ながらのページへのリンク
「ながら」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ながらのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ながらのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS