古語:

はつくさのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > はつくさのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はつくさの…

分類和歌


「初草の生(お)ひゆく末も知らぬ間にいかでか露の消えむとすらむ」


出典源氏物語 若紫


[訳] 萌(も)えだしたばかりの初草が、成長してゆく末も知らないうちに、どうして露が消えようとするのでしょうか。


鑑賞

「初草」は紫の上、「露」は祖母の尼君を指す。自分の死後、残された孫娘の身を案じて尼君が、「生ひたたむありかも知らぬ若草をおくらす露ぞ消えむ空なき」〈⇒おひたたむ…。〉と詠んだのに対し、その場にいた女房が詠んだ歌。気の弱いことをおっしゃらずに、長生きをしてほしいと、力づけている。









はつくさののページへのリンク
「はつくさの」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

はつくさののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




はつくさののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS