古語:

はるすぎての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > はるすぎての解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はるすぎて…

分類和歌


「春過ぎて夏来たるらし白栲(しろたへ)の衣(ころも)干(ほ)したり天(あま)の香具山(かぐやま)」


出典万葉集 二八・持統天皇(ぢとうてんわう)


[訳] 春が過ぎて夏が来たらしい。その証拠には、夏用の白い衣服が干してある、あの緑の天の香具山に。


鑑賞

白と緑の対照がすがすがしい印象をもたらす。第二句を「夏来にけらし」、第四句を「衣干すてふ」の形で、『新古今和歌集』『小倉百人一首』にも採られている。



はるすぎて…

分類和歌


出典百人一首 


「春過ぎて夏来(き)にけらし白妙(しろたへ)の衣(ころも)干すてふ天(あま)の香具山(かぐやま)」


出典新古今集 夏・持統天皇(ぢとうてんわう)


[訳] 春が過ぎて夏が来たのだなあ。夏が来ると白い衣を干すという天の香具山に白い夏の衣が干してあることよ。








はるすぎてのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

はるすぎてのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




はるすぎてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS