古語:

はれの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はれ

感動詞

ああ。やれ。▽謡(うた)い物(もの)の囃子詞(はやしことば)。


出典我が駒 催馬楽


「あはれ待乳山(まつちやま)はれ待乳山」


[訳] ああ、待乳山、やれ、待乳山。


やれ。やあ。まあ。▽感動したときに発する語。



はれ 【晴れ】

名詞

空が晴れること。


広々としていて、心がはればれするような所。


出典源氏物語 須磨


「さるはれに出(い)でて、言ふよしなく見え給(たま)ふ」


[訳] (源氏は)このような(海辺の)広々とした所に出て、言いようもなくすばらしくお見えになる。


表向き。正式。公。▽「褻(け)」に対していう語。


出典徒然草 一九一


「褻・はれなく、ひきつくろはまほしき」


[訳] ふだんと正式の場合の区別なく、きちんと身だしなみをしていたいものである。









はれのページへのリンク
「はれ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

はれのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




はれのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS