古語:

まことの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まこと

分類文芸


日本の文芸全般を通じての、根本的な美的理念。真実の姿・感情を尊重し理想とする精神で、感情と理性とが自然に一体となった境地のこと。特に『万葉集』を中心とする上代文学に見られ、文学用語としては『古今和歌集』の仮名序に現れるのが最初。平安時代の「もののあはれ」や、中世の「幽玄」などの美的理念の基調ともなった。江戸時代の俳論や歌論などにもしばしば説かれ、その根底になっている。



ま-こと 【真・実・誠】

[一]名詞

真実。事実。本当。


出典徒然草 七三


「世に語り伝ふること、まことはあいなきにや、多くはみな虚言(そらごと)なり」


[訳] 世間で語り伝えていることは、真実はつまらないのであろうか、多くはみんなつくりごとである。


誠実。誠意。真心。


出典徒然草 一四一


「あづま人こそ、言ひつることは頼まるれ。都の人は、ことうけのみよくて、まことなし」


[訳] 東国の人は言ったことは頼みになる。都の人は、返事だけがよくて、誠実さがない。


[二]副詞

実に。本当に。


出典万葉集 二四五


「聞くがごとまこと貴(たふと)く奇(くす)しくも神さびをるかこれの水島」


[訳] かねて聞いていたように、本当に貴く不思議に神々しい姿をしていることだよ、この水島は。


[三]感動詞

そうそう。あっ、そうだ。


出典宇治拾遺 八・三


「まことまこと、ありつる鉢を忘れて、取り出でずなりつる」


[訳] そうそう、さきほどの鉢を忘れて、取り出さないままにしてしまった。









まことのページへのリンク
「まこと」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

まことのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




まことのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS