古語:

ましじの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ましじ

助動詞特殊型

《接続》活用語の終止形に付く。


活用{○/○/ましじ/ましじき/○/○}


〔打消の推量〕…ないだろう。…まい。


出典万葉集 九四


「さ寝ずはつひにありかつましじ」


[訳] (あなたと)共寝しないでは(私は)とうてい生きてはいられないだろう。◆上代語。


語法

多く、「得(う)」「敢(あ)ふ」「かつ(補助動詞)」「ゆ(助動詞)」など、可能の意味を表す語の下に付いて用いられた。中古には「まじ」がこれに代わって用いられた。









ましじのページへのリンク
「ましじ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ましじのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ましじのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS