古語:

ものまめやかなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > ものまめやかなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

もの-まめやか・なり

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


誠実だ。実直だ。


出典源氏物語 帚木


「見初(みそ)めつる契りばかりを捨てがたく、思ひとまる人はものまめやかなりと見え」


[訳] 夫婦となった因縁だけを捨てかねて、別れずにいる男は、誠実であるように見え。


堅実だ。実際的だ。


出典更級日記 宮仕へ


「物語のこともうち絶え忘られて、ものまめやかなるさまに心もなりはててぞ」


[訳] 物語のことも全く忘れることができて、堅実な方向に心もすっかり変わって。◆「もの」は接頭語。









ものまめやかなりのページへのリンク
「ものまめやかなり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ものまめやかなりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




ものまめやかなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS