古語:

ものゆゑの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

もの-ゆゑ

接続助詞

《接続》活用語の連体形に付く。


〔逆接の確定条件〕…のに。…けれども。


出典古今集 恋一


「恋すれば我が身は影となりにけりさりとて人に添はぬものゆゑ」


[訳] 恋をしたので私の体は影のように瘦(や)せ細ってしまった、だからといって愛するあの人に影のように寄り添うわけにはいかないのに。


〔順接の確定条件〕…ので。…だから。


出典竹取物語 竜の頸の玉


「事ゆかぬものゆゑ、大納言をそしり合ひたり」


[訳] (家来たちは)納得できないので、大納言を非難しあっている。


参考

形式名詞「もの」に形式名詞「ゆゑ」が付いて一語化したもの。格助詞「に」を伴い、「ものゆゑに」の形でも用いられる。中古以降、多くの例が「ぬ」「ざらむ」「なき」など打消の語の下に付く。は中古以降見られる。









ものゆゑのページへのリンク
「ものゆゑ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ものゆゑのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




ものゆゑのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2022 Printed in Japan

©2022 GRAS Group, Inc.RSS