古語:

一所の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いっ-しょ 【一所】

名詞

一か所。


同じ所。


出典平家物語 九・木曾最期


「汝(なんぢ)といっしょで死なんと」


[訳] お前と同じ所で死のうと。


お一人。▽「一人」の尊敬語。


出典平家物語 六・入道死去


「ただいっしょこそおもむき給(たま)ひけめ」


[訳] ただお一人で向かいなさったのだろう。



ひと-ところ 【一所】

名詞

同じ一つの場所。一つ所。


出典平家物語 九・木曾最期


「所々で討たれんよりも、ひとところでこそ討ち死にをもせめ」


[訳] 別々の場所で討たれるよりも、同じ一つの場所で討死をしよう。


お一人。おひとかた。▽「一人」の尊敬語。


出典竹取物語 蓬莱の玉の枝


「ただひとところ、深き山へ入(い)り給(たま)ひぬ」


[訳] (くらもちの皇子は)ただお一人で、深い山へお入りになった。◇「ところ」は高貴な人を数えるときの接尾語。









一所のページへのリンク
「一所」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

一所のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




一所のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS