古語:

下りの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

くだり 【下り】

名詞

(高い所から)下ること。また、流れの上(かみ)から下(しも)へ行くこと。


ある時刻(時間帯)の終わりごろ。


出典宇治拾遺 一一・九


「申(さる)のくだりになり候ひにたり」


[訳] 申の刻の終わりごろになってしまいました。


都から地方に行くこと。下向(げこう)。


出典源氏物語 賢木


「斎宮の御くだり近うなりゆくままに」


[訳] 斎宮の(伊勢への)ご下向が近づいてくるにつれて。


(京都で)北から南へ行くこと。▽内裏(だいり)が北にあることからいう。


出典義経記 三


「堀河をくだりに行きければ」


[訳] 堀河から南に行くと。



おり 【降り・下り】

動詞「おる」の未然形・連用形。









下りのページへのリンク
「下り」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

下りのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




下りのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS