古語:

何かの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なに-か 【何か】

[一]

分類連語


何が…か。何を…か。


出典古今集 雑下


「世の中はなにか常なる飛鳥川(あすかがは)昨日の淵(ふち)ぞ今日は瀬になる」


[訳] ⇒よのなかはなにかつねなる…。


なりたち

代名詞「なに」+係助詞「か」


[二]副詞

どうして…か。なぜ…か。どうして…か、いや、…ない。▽疑問・反語の意を表す。


出典万葉集 三九八三


「ほととぎす月立つまでになにか来鳴かぬ」


[訳] ほととぎすは(四月の)月が改まるまでどうして来て鳴かないのか。


[三]感動詞

いやいや。どうしてどうして。いやなに。▽上の語、または相手の言葉を打ち消し、反対のことを述べるときに発する語。


出典源氏物語 玉鬘


「なにか。この身はいと安く侍(はべ)り」


[訳] いやなに(心配はいりません)。私の身はずいぶん気軽に考えております。


語法

[一]連語と[二]副詞の場合、文末の活用語は連体形で結ぶ。









何かのページへのリンク
「何か」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

何かのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




何かのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS