古語:

保つの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

た-も・つ 【保つ】

他動詞タ行四段活用

活用{た/ち/つ/つ/て/て}


所持する。


出典日本書紀 敏達


「弥勒(みろく)の石の像(みかた)一柱(ひとはしら)たもてり」


[訳] 弥勒の石の像一体は所持している。


長く続ける。維持する。


出典平家物語 三・城南之離宮


「臣よく君をたもち、臣また君を覆す」


[訳] 臣下はよく主君を維持し、臣下はまた主君を滅ぼす(こともある)。


長くとめる。保持する。


出典源氏物語 明石


「忌む事たもつばかりの尊さはあれど」


[訳] 戒律を心に長くとめるだけの尊さはあるが。


統治する。支配する。


出典徒然草 一七一


「世をたもたん道もかくや侍(はべ)らん」


[訳] 世の中を統治しようとする方法もこのようなものでしょう。









保つのページへのリンク
「保つ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

保つのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




保つのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS