古語:

失せるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

う・せる 【失せる】

自動詞サ行下一段活用

活用{せ/せ/せる/せる/せれ/せろ}


行きやがる。▽「行く」「去る」を卑しめていう語。


出典心中天網島 浄瑠・近松


「阿呆(あはう)めが、夜々(よるよる)うせる所ほかには知らぬか」


[訳] (あの)馬鹿者めが、毎晩行きやがる所を、ほかには知らないか。


来やがる。▽「来る」を卑しめていう語。


出典浮世風呂 滑稽


「対手(あひて)になる。うせぬか、おのれ」


[訳] 相手になってやる。来やがらないか、おまえ。


居やがる。▽「居る」を卑しめていう語。


出典四谷怪談 歌舞


「今夜向うから花嫁を連れて来る。お岩がうせては、大変大変」


[訳] 今夜向こうから花嫁を連れて来る。お岩が(この家に)居やがっては、大変だ大変だ。


語の歴史

「なくなる」「消える」意の「失(う)す」(サ行下二段活用動詞)が、中古末期ごろから口語化して下一段活用となり、それとともに卑しめていう語となって、近世に広く用いられた。









失せるのページへのリンク
「失せる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

失せるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




失せるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS