古語:

常の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つね 【常・恒】

名詞

ふだん。平常。


出典源氏物語 桐壺


「つねよりも思(おぼ)し出(い)づること多くて」


[訳] (帝(みかど)は)ふだんよりもお思い出しになることが多くて。


普通。あたりまえ。


出典伊勢物語 一六


「世のつねの人のごとにもあらず」


[訳] 世間の普通の人のようにもなく(落ちぶれてしまった)。



とこ- 【常】

接頭語

〔名詞・形容詞などに付いて〕いつも変わらない、永久不変であるの意を表す。「とこ夏」「とこ闇(やみ)」「とこ世(よ)」「とこ少女(をとめ)」「とこ懐し」。◆上代語。



ジョウ 【上・成・状・城・浄・常・盛・情】

⇒じゃう



-きだ 【段・常】

接尾語

切りわけた断片を数える語。


出典日本書紀 神代上


「軻遇突智(かぐつち)を斬(き)りて三きだに為す」


[訳] (火の神)軻遇突智をきり分けて三つに分断した。


「たん


」に同じ。◆上代語。









常のページへのリンク
「常」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

常のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




常のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS