古語:

心の空の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こころ-の-そら 【心の空】

分類連語


心の中。心を空にたとえていう語。


出典山家集 中


「闇(やみ)はれてこころのそらに澄(す)む月は西の山べや近くなるらん」


[訳] 煩悩の闇が晴れて、心の中が澄みわたると、月が西の山へ動くように、西方浄土が近くなるのだろうか。


気持ちの余裕。心のゆとり。








心の空のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

心の空のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




心の空のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS