古語:

成りぬべしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 成りぬべしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なり-ぬ-・べし 【成りぬべし】

分類連語


なってしまうにちがいない。なるにきまっている。


出典更級日記 


「その日しも京をふり出でて行かむも、いとものぐるほしく、流れての物語ともなりぬべきことなり」


[訳] その日によりによって京都を振り捨てて出発して行こうというのも、全く異常であって、のちのちまでの語り草となるにきまっている。


なりたち

動詞「なる」の連用形+確述の助動詞「ぬ」の終止形+推量の助動詞「べし」








成りぬべしのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

成りぬべしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




成りぬべしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS