古語:

有るべうもなしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 有るべうもなしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ある-べう-も-な・し 【有るべうもなし】

分類連語


あってはならない。とんでもない。


出典平家物語 二・西光被斬


「入道相国(しやうこく)簾中(れんちゆう)より見出だして、あるべうもなしとのたまへば」


[訳] 入道相国(=平清盛)はすだれの中から外を見て、とんでもないとおっしゃると。


なりたち

ラ変動詞「あり」の連体形+推量の助動詞「べし」の連用形+係助詞「も」+補助形容詞「なし」からなる「あるべくもなし」のウ音便。








有るべうもなしのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

有るべうもなしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




有るべうもなしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS