古語:

橋姫の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はし-ひめ 【橋姫】

名詞

橋を守る女神。特に、山城の国の宇治橋の神をさす。宇治に住む愛人をいうことが多い。


出典古今集 恋四


「今宵(こよひ)もや我を待つらむ宇治のはしひめ」


[訳] 今宵も私を待っているのだろうか。宇治の姫君は。


参考

宇治の橋姫には古くから種々の伝説があり、のちに謡曲の題材ともされた。今、京都府宇治市の宇治橋の西のたもとにある橋姫神社は、その霊を祭ると伝えられている。『源氏物語』の橋姫は、宇治の大君(おおいぎみ)・中の君をさす。









橋姫のページへのリンク
「橋姫」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

橋姫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




橋姫のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS