古語:

気遠しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

け-どほ・し 【気遠し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


人けがなくてものさびしい。


出典源氏物語 夕顔


「こなたかなたけどほくうとましきに」


[訳] あちらもこちらも人けがなくてものさびしく気味が悪いうえに。


遠く離れた感じだ。


出典源氏物語 玉鬘


「いとけどほく隔てつる屛風(びやうぶ)だつもの」


[訳] たいそう遠く離れた感じに隔てている屛風のようなもの。


疎遠だ。


出典源氏物語 若菜下


「この御方をば…、けどほくて年ごろ過ぎぬれば」


[訳] このお方に対して…、疎遠に長年過ごしていたので。◆「け」は接頭語。[反対語]気近(けぢか)し。









気遠しのページへのリンク
「気遠し」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

気遠しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




気遠しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS