古語:

滑稽本の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

滑稽本

分類文芸


江戸時代の通俗小説。江戸庶民の日常生活を、写実的ながら滑稽に描いたもの。文章は会話本位で、俗語や掛け詞(ことば)・駄洒落(だじやれ)などを用いている。「洒落本(しやれぼん)」を受け継いだもの。代表作品には、十返舎一九(じつぺんしやいつく)の『東海道中膝栗毛(ひざくりげ)』、式亭三馬(しきていさんば)の『浮世床(うきよどこ)』『浮世風呂(ぶろ)』などがある。









滑稽本のページへのリンク
「滑稽本」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

滑稽本のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




滑稽本のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS