古語:

置き迷ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おき-まよ・ふ 【置き迷ふ】

自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


置いたのかと見誤られる。置き場所を迷うほど乱れて置く。


出典新古今集 秋下


「霜を待つ籬(まがき)の菊の宵(よひ)の間におきまよふ色は山の端(は)の月」


[訳] 霜の降りるのを待つ垣根の菊が、宵の間にもう霜が置いたのかと見誤られる(ほどに見せている)色は、(霜ではなく)山の端に出た月光であるよ。








置き迷ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

置き迷ふのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




置き迷ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS