古語:

置くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

お・く 【置く】

[一]自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


(霜や露が)降りる。


出典徒然草 一九


「霜いと白うおける朝(あした)」


[訳] 霜がたいそう白く降りている朝。


[二]他動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


(その位置に)置く。据える。設ける。


出典枕草子 清涼殿の丑寅のすみの


「古今の草子を御前(おまへ)におかせ給(たま)ひて」


[訳] (中宮は)『古今和歌集』の本をお手元にお置きなさって。


そのままにする。残しておく。


出典徒然草 二二四


「少しの地をもいたづらにおかんことは、益(やく)なき事なり」


[訳] 少しの土地もむだに残しておくようなことは、無益なことである。


除く。さしおく。


出典万葉集 八九二


「あれをおきて人はあらじと誇(ほこ)ろへど」


[訳] ⇒かぜまじり…。


間隔をおく。間隔をあける。隔てる。


出典万葉集 三七八五


「ほととぎす間(あひだ)しましおけ」


[訳] ほととぎすよ、しばらく間をおいてくれ。


〔「心おく」の形で〕心に隔てをおく。気兼ねする。


出典徒然草 三七


「朝夕隔てなく馴(な)れたる人の、ともある時、我に心おき」


[訳] 日常遠慮なく親しくしている人が、ちょっとした時、私に気兼ねして。


[三]補助動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


〔動詞の連用形、または連用形に助詞「て」の接続したものに付いて〕あらかじめ…する。…ておく。


出典徒然草 九六


「見知りておくべし」


[訳] あらかじめ見知っておくとよい。









置くのページへのリンク
「置く」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

置くのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




置くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS