古語:

色ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いろ・ふ 【色ふ・彩ふ】

[一]自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


美しい色になる。


出典和泉式部集 


「いかばかり思ひおくとも見えざりし露にいろへる撫子(なでしこ)の花」


[訳] どれほど心にとどめていても見えなかった露にぬれて美しい色になったなでしこの花だ。


[二]他動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


美しく彩る。彩色する。


出典平家物語 一一・那須与一


「赤地の錦(にしき)をもって大領(おほくび)・端袖(はたそで)いろへたる直垂(ひたたれ)に」


[訳] 赤地の錦で前襟(まええり)と端袖を美しく彩ってある直垂に。


(文章などに)工夫をこらす。


出典風姿花伝 一


「安き所を少な少なといろへてせしかども」


[訳] 無造作な所を少しずつ工夫をこらしてしたが。








色ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

色ふのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




色ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2022 Printed in Japan

©2022 GRAS Group, Inc.RSS