古語:

言ひてありなんの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 言ひてありなんの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いひ-て-あり-な-ん 【言ひてありなん】

分類連語


言って(すまして)いるのがよかろう。


出典徒然草 一六七


「知らぬ道のうらやましく覚えば、『あなうらやまし。などか習はざりけん』といひてありなん」


[訳] 自分の知らない(専門外の)道がうらやましく思われるならば、(ただ)「ああうらやましい。どうして習わなかったのだろうか」と言ってすましているのがよかろう。


なりたち

動詞「いふ」の連用形+接続助詞「て」+ラ変動詞「あり」の連用形+完了(確述)の助動詞「ぬ」の未然形+推量(適当)の助動詞「ん(む)」








言ひてありなんのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

言ひてありなんのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




言ひてありなんのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS