古語:

調伏の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

てう-ぶく 【調伏】

名詞※「す」が付いて他動詞(サ行変格活用)になる

身・口(く)・意の三業(さんごう)を調和統一して、煩悩や悪行を制圧すること。「でうぶく」とも。◇仏教語。


(密教で)仏力(ぶつりき)を頼み祈って、たたりをなす怨霊(おんりよう)や敵などを降伏(ごうぶく)させること。「でうぶく」とも。


出典今昔物語集 一四・四五


「利仁(としひと)の将軍の死にし事は、そのてうぶくの法の験(しるし)によりてなりけり」


[訳] 利仁将軍が死んだことは、その調伏の祈禱(きとう)の霊験によってであった。◇仏教語。


呪詛(じゆそ)。まじないなどによって、人をのろい殺すこと。









調伏のページへのリンク
「調伏」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

調伏のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




調伏のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS