古語:

踏むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ふ・む 【踏む】

他動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


踏みつける。


出典万葉集 二五四一


「心空なり土はふめども」


[訳] 心はうわの空である。土は踏みつけているけれども。


踏み歩く。歩く。


出典万葉集 二五九〇


「石根(いはね)ふみ夜道行かじと思へれど」


[訳] 大地に根を下ろした岩を踏み歩き夜道は行くつもりはないと思っているけれども。


位につく。▽多く「位をふむ」の形で。


出典平家物語 五・富士川


「忝(かたじけな)く皇王の位をふむ」


[訳] もったいなくも(私は)天皇の位につく。◇「践む」とも書く。


(値段を)見積もる。値ぶみする。









踏むのページへのリンク
「踏む」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

踏むのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




踏むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS