古語:

遺恨の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ゐ-こん 【遺恨】

名詞

悔いを残すこと。心残り。遺憾(いかん)。


出典大鏡 道長下


「ゐこんのわざをもしたりけるかな」


[訳] 心残りなことをしてしまったなあ。


いつまでも恨みに思うこと。忘れられない憎しみ。


出典平家物語 一・鹿谷


「家嫡(けちやく)にてましましけるが、超えられ給(たま)ひけるこそゐこんなれ」


[訳] (徳大寺殿は)家の嫡子でいらっしゃったが、(昇進を平宗盛に)越されなさったのは忘れられない憎しみである。









遺恨のページへのリンク
「遺恨」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

遺恨のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




遺恨のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS