古語:

あかねさすの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あかねさすの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あかねさす…

分類和歌


「あかねさす(=枕詞(まくらことば))紫野(むらさきの)行き標野(しめの)行き野守(のもり)は見ずや君が袖(そで)振る」


出典万葉集 二〇・額田王(ぬかたのおほきみ)


[訳] 紫草の生えている野原を行き、立ち入りできない御料地の野原を行き来して、野の番人が見はしないでしょうか。あなたが私に向かって袖を振っているのを。


鑑賞

人目を忍ぶ恋を詠んだもので、この歌に答えた大海人皇子(おおあまのみこ)の歌は「紫草(むらさき)の匂(にほ)へる妹(いも)を憎くあらば人妻ゆゑに我恋ひめやも」(『万葉集』)〈⇒むらさきのにほへるいもを…。〉である。



あかね-さす 【茜さす】

分類枕詞


赤い色がさして、美しく照り輝くことから「日」「昼」「紫」「君」などにかかる。


出典万葉集 二〇


「あかねさす紫野(むらさきの)行き」


[訳] ⇒あかねさす…。








あかねさすのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あかねさすのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あかねさすのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS