古語:

めづの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

め・づ 【愛づ】

[一]他動詞ダ行下二段活用

{語幹〈め〉}


愛する。恋慕する。思い慕う。


出典竹取物語 貴公子たちの求婚


「いかでこのかぐや姫を得てしがな、見てしがなと、おとに聞きめでてまどふ」


[訳] なんとかしてこのかぐや姫を手に入れたいものだなあ、結婚したいものだなあと、うわさに聞いて思い慕って思い乱れる。


賞賛する。ほめる。


出典源氏物語 桐壺


「光る君といふ名は、高麗人(こまうど)のめできこえて、付け奉りける」


[訳] 「光る君」という名前は、高麗の国の人がおほめ申して、お付けしたのである。


好む。好きになる。気に入る。


出典源氏物語 橋姫


「物の音(ね)めづる阿闍梨(あざり)にて」


[訳] 音楽を好む阿闍梨であって。


[二]自動詞ダ行下二段活用

活用{で/で/づ/づる/づれ/でよ}


感動する。心がひかれる。感じ入る。


出典万葉集 三七〇四


「もみち葉の散らふ山辺ゆ漕(こ)ぐ舟のにほひにめでて出(い)でて来にけり」


[訳] 紅葉が散りつづける山のあたりを通って、漕ぎ進む舟の照り映える美しい色に心がひかれて、(私は)出て来てしまった。









めづのページへのリンク
「めづ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

めづのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




めづのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS