古語:

もがなの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

もが-な

終助詞

《接続》体言、形容詞や打消・断定の助動詞の連用形などに付く。〔願望〕…があったらなあ。…があればいいなあ。


出典伊勢物語 八四


「世の中にさらぬ別れのなくもがな千代(ちよ)もと祈る人の子のため」


[訳] ⇒よのなかにさらぬわかれの…。


出典徒然草 一三七


「心あらん友もがなと、都恋しうおぼゆれ」


[訳] 情趣を解するような友がいたらなあと、(そういう友のいる)都が恋しく思われる。◆中古以降の語。終助詞「もが」に終助詞「な」が付いて一語化したもの。









もがなのページへのリンク
「もがな」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

もがなのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




もがなのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS