古語:

もての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

もて-

接頭語

動詞に付いて、意味を強め、また、語調を整える。「もてかしづく」「もて興ず」「もてわづらふ」



も-て 【以て】

分類連語


…でもって。…で。…(を)使って。▽手段・材料を示す。


出典徒然草 一三一


「貧しき者は財(たから)をもて礼とし」


[訳] 貧しい者は財貨でもって人に尽くすのを礼儀とし。


…から。…がもとで。…ゆえに。▽動作のきっかけ・理由を示す。


出典源氏物語 行幸


「心もて、宮仕ひ思ひ立たむこそ」


[訳] (自分の)意志から宮仕えを決心するようなことこそ。


…(を)もって。▽ある事柄を取り立てて示す。


出典徒然草 二


「おほやけの奉り物は、おろそかなるをもてよしとす」


[訳] 天皇のお召しになる物は、簡素なのをもってよいこととする。


注意

同じ形の接頭語「もて」、連語「持て」と混同しないこと。


参考

名詞、またはそれに「を」が付いたものに付く。「も(以)ちて」の促音便「もって」の促音「っ」が表記されない形。



も-て 【持て】

分類連語


(手に)持って。


出典枕草子 春はあけぼの


「火などいそぎおこして、炭もてわたるも」


[訳] 炭火などを急いでおこして、炭を持って行くのも。◆「もちて」の促音便「もって」の促音「っ」が表記されない形。









もてのページへのリンク
「もて」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

もてのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




もてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS