古語:

よをすてての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > よをすてての解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よをすてて…

分類和歌


「世を捨てて山に入いる人山にてもなほ憂き時はいづちゆくらむ」


出典古今集 雑下・凡河内躬恒(おほしかふちのみつね)


[訳] 俗世を捨てて山に入ってしまう人は、山に住んでもまだつらいことがあった時には、どこへ行くのだろうか。


鑑賞

詞書に、山にいる法師のもとに送った歌とある。俗世のつらさから逃れるため仏門に入り山で修行する僧は、それでもなお心が晴れない時は、どこへ行くのかと疑問を投げかけた歌。結局、どこへ行っても、世のつらさから逃れることはできないのではないかと、いささか揶揄(やゆ)した感じだが、山で孤独な生活をする僧のつらい気持ちを、思いやったものという解釈も成り立つであろう。









よをすててのページへのリンク
「よをすてて」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

よをすててのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




よをすててのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS