古語:

得の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

う 【得】

[一]他動詞ア行下二段活用

活用{え/え/う/うる/うれ/えよ}


手に入れる。自分のものにする。


出典竹取物語 貴公子たちの求婚


「いかで、このかぐや姫をえてしがな、見てしがなと」


[訳] どうにかしてこのかぐや姫を手に入れたいものだなあ、結婚したいものだなあと。


得意とする。優れる。


出典古今集 仮名序


「これかれえたるところ、えぬところ、互ひになむある」


[訳] それぞれ得意としている点、得意としない点がお互いにある。


〔多く「心を得」「意を得」などの形で〕理解する。


出典今昔物語集 二九・一八


「盗人(ぬすびと)これを見るに、心もえねば」


[訳] 盗人はこれを見るが、意味もわからないので。


〔用言の連体形に名詞「こと」に格助詞「を」の付いた「ことを」の付いた形に続けて〕…を可能とする。…できる。


出典今昔物語集 六・二一


「汝(なんぢ)が寿命を延ぶることをえたり」


[訳] おまえの寿命を延ばすことができた。


[二]補助動詞ア行下二段活用

活用{え/え/う/うる/うれ/えよ}


〔動詞の連用形に付いて〕…(することが)できる。


出典徒然草 二一五


「『これぞ求めえて候ふ』と申ししかば」


[訳] 「これを見つけることができました」と申し上げたところ。


注意

ア行に活用する動詞は、「得」とその複合語「心得(う)」「所得(う)」などだけ。



え 【得】

動詞「う」の未然形・連用形。









得のページへのリンク
「得」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

得のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




得のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS