古語:

時めくの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

とき-め・く 【時めく】

自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


時流に乗って栄える。もてはやされる。


出典枕草子 花の木ならぬは


「師走(しはす)のつごもりのみときめきて」


[訳] (新年の飾りにするゆずり葉は)十二月の末だけもてはやされて。


格別に目をかけられる。寵愛(ちようあい)を受けて栄える。


出典源氏物語 桐壺


「いとやむごとなききはにはあらぬが、すぐれてときめき給(たま)ふありけり」


[訳] それほど高貴な身分ではない方で、際だって帝(みかど)の寵愛を受けて栄えていらっしゃる方があった。◆「めく」は接尾語。









時めくのページへのリンク
「時めく」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

時めくのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




時めくのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS