古語:

あやなしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あや-な・し 【文無し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


道理・理屈に合わない。理由がわからない。


出典古今集 春上


「春の夜の闇(やみ)はあやなし梅の花色こそ見えね香(か)やは隠るる」


[訳] ⇒はるのよのやみはあやなし…。


つまらない。無意味である。取るに足りない。


出典源氏物語 明石


「などて、あやなきすさび事につけても、さ思はれ奉りけむ」


[訳] どうして、つまらない慰みごとにつけても、そのように(浮気者として)思われ申したのだろうか。









あやなしのページへのリンク
「あやなし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あやなしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あやなしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS