古語:

え避らぬ事のみいとど重なりての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > え避らぬ事のみいとど重なりての解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

え-さ・ら-ぬ-こと-のみ-いとど-かさな・り-て 【え避らぬ事のみいとど重なりて】

出典徒然草 五九


[訳] 避けることのできない用事ばかりがますます重なってきて。


品詞分解

え=副詞 さら=動詞「さる」[未然形] ぬ=打消の助動詞「ず」[連体形] こと=名詞 のみ=副助詞 いとど=副詞 かさなり=動詞「かさなる」[連用形] て=接続助詞








え避らぬ事のみいとど重なりてのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

え避らぬ事のみいとど重なりてのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




え避らぬ事のみいとど重なりてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS