古語:

しるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

し・る 【痴る】

自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


ぼんやりとなる。ぼける。愚かになる。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「心地(ここち)ただしれにしれて」


[訳] 気持ちがただもうぼんやりとなって。



し・る 【知る】

[一]他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


(一)

わかる。理解する。わきまえる。知る。


出典新古今集 春上


「山深み春ともしらぬ松の戸にたえだえかかる雪の玉水(たまみづ)」


[訳] ⇒やまふかみ…。


かかわる。つき合う。親しくする。


出典土佐日記 一二・二一


「かれこれ、しるしらぬ、送りす」


[訳] だれやかれや、親しくしている人も親しくしていない人も、私たちの見送りをする。


世話をする。面倒を見る。


出典源氏物語 柏木


「しる人もなくて漂はむことの、あはれに」


[訳] 面倒を見る人もなくて寄るべなく暮らすことが、かわいそうで。


〔打消の語を伴って〕気にする。かまう。


出典宇治拾遺 三・六


「それもしらず、ただ逃げ出(い)でたるをことにして、向かひのつらに立てり」


[訳] それもかまわず、自分だけ逃げ出したのをよいこととして、道の向こう側に立っている。


(二)

治める。統治する。


出典源氏物語 桐壺


「つひに世の中をしり給(たま)ふべき右の大臣(おとど)の御勢ひは」


[訳] 結局は世を治めなさる右大臣のご勢力は。◇「領る」「治る」とも書く。


所有する。領有する。


出典徒然草 二三六


「しだのなにがしとかや、しる所なれば」


[訳] しだの某(なにがし)とかいう人の領有しているところなので。◇「領る」「治る」とも書く。


[二]自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


知られる。


出典拾遺集 恋一


「恋すてふわが名はまだき立ちにけり人しれずこそ思ひそめしか」


[訳] ⇒こひすてふ…。









しるのページへのリンク
「しる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

しるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




しるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS